HOME 新着情報 東京佛光山寺 人間仏教・佛光山 星雲大師の部屋 東京佛光山広場 お問い合わせ サイトマップ

慈善交流

新着情報一覧へ
文教交流について各宗派交流について | 慈善交流について | 東京協会活動について
佛光世紀について私たちのレポートについて寺院活動について

吉祥楽舞団による台日文化交流促進 充実感と有意義な生活

吉祥楽舞団による台日文化交流促進 充実感と有意義な生活

111日に吉祥楽舞団が日本NPO法人国際BLIAの代表として、栃木県小山市の小山グランドホテルで行われた「大久保としお後援会」の新年会に出演しました。この新年会には政府機関や現地の団体から、約500名が出席しました。

 

吉祥楽舞団は台日文化交流促進の使命感をもって台湾の山地舞を披露しました。鮮やかな民族衣装を身に着け、軽快な音楽に乗り、明るい笑顔で踊りました。佛光山の星雲大師の「人々に喜びを差し上げる」という精神と、台湾人のお客様へのおもてなし精神を充分に表現しました。台湾にいるかのように文化交流の体験ができ、出席者はとても喜んでいました。

PDFはこちら (141KB)


東京佛光山寺 NPO 法人國際 BLIA 慈善公演

東京佛光山寺 NPO 法人國際 BLIA 慈善公演

 

東京佛光山寺 NPO 法人國際 BLIA 慈善公演

1031日東京佛光山寺 NPO 法人国際 BLIA の「吉祥楽舞団」は埼玉県越谷市「老人ホーム憩いの里」に招かれ慈善公演を行った。参加した団員は計10名。ご年配の方達に素晴らしい午後を届けた。「老人ホーム憩いの里」のご年配方は喜んで団員を迎えた。午後1 30から演技は始まった。会場には車椅子で見に来られたご年配の方達もいました。演技の内容は台湾の原住民舞踊の「阿美迎賓舞」「阿美ちゃちゃ」「高山青」及び日本舞、太極扇、歌等。入居されている高齡者のみんなさんは非常に喜ばれていました。今後も交流を続けることを希望された。

 


東京NPO法人がお米を寄贈し慈善交流

東京NPO法人がお米を寄贈し慈善交流

このところ毎月、東京の信徒が多くのお米を供養してくれました。お米の鮮度を維持するために、江東区議会議員の米沢氏の協力を得て、東京佛光山寺住職の覚用法師はNPO法人顧問の小笠原有美氏夫妻、及び東京協会理事の李莉莉氏と共に、723日に江東区社会福祉法人愛郷会介護老人福祉施設あじさいに行き、60㎏のお米を寄贈しました。理事長の竹川ひさ氏が代表として受け取りました。

PDFはこちら (245KB)


鎮守土地公熊野神社例大祭子供神輿招待

9月13日(土)  正午ごろ 毎年恒例の

熊野町鎮守の例大祭、熊野神社子供神輿を招待し、休憩とお茶お菓子、お土産の接待。

100名以上の子供たちがお神輿を担いで東京別院に来寺、1時間ほどご本堂での休憩、

、住職はじめ寺の関係者と交流、お土産を貰って帰っていきます。


2013.03.06NPO法人國際BLIA 捐口罩防流感

2013.03.06NPO法人國際BLIA  捐口罩防流感

 

NPO法人国際ブリアー」の顧問である東京都板橋区議員の長瀬先生を通じて、東京都豊島区役所にマスクを贈呈した。36日に豊島区役所において贈呈式を行い、東京佛光山寺の覚用住職及び本栖寺の如愷法師が代表として出席。今回の30万枚のマスクの贈呈先は、豊島区内の約20か所の福祉施設及び長崎健康相談所である。豊島区高野之夫区長が代表として受け取り、「NPO法人国際ブリアー」へ感謝状を贈った。

 

 高野区長は、マスクはインフルエンザ予防のほかに、災害支援の助けにもなるので計画的に活用していきたいと述べられた。

 

 覚用住職は「NPO法人国際ブリアー」設立以来、日本各地で交流や貢献をしてきたこの一年の活動を紹介。釈尊の教えであるボランティア精神を以て、日本の皆さんに感動を与えたいと述べた。如愷法師は山梨、横浜などの地区にもマスクを贈呈したことを語った。歓談後、参加者は新豊島区役所の模型の前で記念撮影を行った。

 

 板橋区議員長瀬達也先生(左から二人目)、豊島区議員中田兵衛先生、豊島区高野之夫区長、国際佛光会東京協会曽文宏督導夫妻、事務局長小笠原有美氏夫妻、賛助委員盧栄宝氏らが贈呈式に参加した。

 

 

 

PDFはこちら (397KB)


2013.08.04東京佛光山寺NPO法人國際BLIA慈善公演

2013.08.04東京佛光山寺NPO法人國際BLIA慈善公演

2013.08.04東京佛光山寺NPO法人國際BLIA慈善公

PDFはこちら (334KB)


2013.04.24幸せの種をまく 福島の人が台湾の寄付金に感謝

2013.04.24幸せの種をまく 福島の人が台湾の寄付金に感謝

 

 

(中央社記者東京 楊明珠特別寄稿)

 

日本福島の農業体験交流会の代理理事、半谷栄寿氏は「台湾佛光山からの支援は、福島南相馬市の子どもたちの成長を支援するために使うつもりです」と心から感謝の言葉を述べた。半谷氏の主催する南相馬市のソーラーアグリパークに初めて海外から送られた寄付金である。

 

 

 

PDFはこちら (264KB)


在日留学生(二人)の告別式

在日留学生(二人)の告別式に東京佛光山の法師と師姉達の式場現場助念

PDFはこちら (462KB)


学校法人仙台育英学園 加藤理事長からのお礼状

PDFをご参照してください。

PDFはこちら (309KB)


東日本大震災にあたって

PDFをご参照してください。

PDFはこちら (206KB)



サイトのご利用について 個人情報保護方針 セキュリティーについて 著作権について 免責事項について リンクについて
Copyright 2008 Tokyo Bukkozanji AllRightsReserved.