HOME 新着情報 東京佛光山寺 人間仏教・佛光山 星雲大師の部屋 東京佛光山広場 お問い合わせ サイトマップ

東京佛光山寺について

宗教法人・臨済宗「日本佛光山・東京佛光山寺(Nihon Bukkozan Tokyo Bukkozanji)」は、本山である台湾「佛光山寺」が日本に設立した別院です。

佛光山は、日本国内においては東京佛光山寺をはじめ、佛光山本栖寺大阪佛光山寺、名古屋佛光山寺、福岡佛光山寺、群馬佛光山寺(2010年完成予定)、その他関連道場(布教所)など、全国各地に複数の寺院・施設を擁しています。

当寺の本山である台湾の佛光山寺は、約40年前に星雲大師によって開かれました。星雲大師の法脈伝承は中国江蘇省南京の東北にある、南北朝時代より由緒ある古寺の「棲霞山」が源になっています。星雲大師はここで志開上人のもと出家し、臨済宗第四十八代として衣鉢を継ぎました。星雲大師は1949年春、台湾に渡り、宜蘭雷音寺にて念仏会、弘法団等を作り、後の弘法事業の基礎を築きました。1967年に佛光山寺を開山し、仏教の弘法及び教育、文化、慈善等の諸事業に全力を尽くしてきています。

創建40余年、今では佛光山寺は台湾総本山のほかに全世界各地に200余りの別院を擁しています。とりわけアメリカの西来寺、オーストラリアの南天寺、南アフリカの南華寺等は、当地最大の中国寺院と称えられています。また、1992年5月、星雲大師がアメリカで設立した「国際佛光会」(信徒団体)は現在、世界各地で620余りの分会を擁するまでに成長しています。

新しく生まれ変わった東京佛光山寺(2007年5月18日完成)
新しく生まれ変わった東京佛光山寺
(2007年5月18日完成)

1993年(平成5年)5月30日、当寺は大雄宝殿(旧寺院本堂)竣工において星雲大師を迎え、盛大な「落慶法要」を行いました。当寺は佛光山の宗旨並びに臨済宗の主な宗風である「文化を以て仏法を弘める、教育を以て人材を培う、慈善を以て福祉に従事する、修行を以て人心を浄化する」という、これらを志して日々精進してきております。そして、1999年(平成11年)3月15日、東京都庁より宗教法人としての認証を受けました。

東京佛光山寺は今後も星雲大師の掲げる「人間仏教」の理念を実践し、「世間是即ち浄土」の実現に邁進して参ります。

概要

寺院名称 宗教法人「日本佛光山・東京佛光山寺」(Nihon Bukkozan Tokyo Bukkozanji)
創立日 1993年(平成5年)5月30日
宗教法人認証 東京都知事 1999年(平成11年)3月15日
所在地 〒173-0025 東京都板橋区熊野町35-3
地図 案内図(MAP)はこちら
交通機関 【電車】
池袋から東武東上線(4番線普通車)大山駅東口より徒歩8分
【バス】
池袋駅東口三越デパート裏口(赤 51・赤55・光02・練93・赤97)
池袋駅西口芸術劇場前(池02・池 20・池21)
上記2つとも熊野町バス停より徒歩2分
【自動車】
首都高速5号池袋線北池袋ICより2分
境内施設 本堂(如来殿)、法話室、喫茶室、応接室、多目的室(ボーイスカウト板橋16団)、食堂、ロッカー室、身障者用トイレ、駐車場ほか
地上4階・地下2階(敷地460m2・建物560m2) →詳細はこちらをご参照下さい。
TEL 03-5966-9037
FAX 03-5966-9039
開山祖師 星雲大師
日本佛光教団総長 慈容法師
信者数 東京佛光山寺:約2千人(2008年9月時点)
日本全体:約5千人(2008年9月時点)
世界全体:台湾、日本、その他アジア、欧米、豪州、アフリカ全体で約300万人
主な発行物 佛光世紀(月刊、日本語・中国語) →詳細はこちらをご参照下さい。
国際佛光会世界総会第九回会員代表大会記念刊行「発心と発展」/国際佛光会世界総会
星雲大師関連書籍 →詳細はこちらをご参照下さい。

※日本における他の寺院に関しては右の各項目をクリック下さい。→佛光山本栖寺大阪佛光山寺福岡佛光山寺

※台湾総本山「佛光山寺」の概要及び沿革については、こちらをご覧下さい。

※台湾総本山「佛光山寺」のオフィシャルサイト(繁体中国語・簡体中国語・英語サイト)は、こちらをクリック下さい。

※東京佛光山寺の中国語サイト(繁体字)は、こちらをご覧ください。


沿革

1991 (平成3年) 10月

西原佑一氏が自宅を共修道場として提供し、東京佛光山寺の土台を築く。
星雲大師が杉並公会堂にて、国際佛光会東京協会発足式を主催するとともに「帰依式」が行われる。東京協会第1回会長に西原佑一氏就任。

1992 (平成4年) 7月

星雲大師の「禅と生活」講座と帰依式を東京中華学校で開催。

1993 (平成5年) 5月

臨済宗佛光山東京別院として、日本で第1番目の佛光山の道場を東京都板橋区熊野町に設立。住職は慈惠法師。

  7月

『東京佛光世紀』創刊。

1994 (平成6年) 1月

佛光山米国サンディエゴ西方寺が佛教青少年音楽演奏会を開催。

  4月

名古屋中華航空機墜落事故慰問。

  8月

大阪佛光山寺が正式発足。

  10月

フィリピン宿務聯青年会主催、慈恩寺協賛の「小学生・中学生」北京語歌唱コンクールを2日間にわたりアイヤラ撮影場にて開催。

  12月

ボーイスカウト設立準備会開催。
※1994年仏法講演7回開催:「禅と生活」「大乗起信論」「仏教入門」「仏教と法務」「八正道」「三蔵聖典」「仏教用語」

1995 (平成7年) 1月

成人式開催及び阪神大地震救済活動開始。

  2月

佛光ボーイスカウト設立。

  8月

第1回佛光ボーイスカウトサマーキャンプ開催。

  11月

フィリピン風災救援活動開始。

  12月

東京協会第3回会長に西原千雅氏就任。
※1995年仏法講演13回開催:「華厳経浄行品」「五戒の礼儀規範」「華厳経普賢行願品」「如何にして仏道に安住するか」「仏心と禅」「地蔵経」「記憶力の不思議」「仏教用語」「般若心経」「信仰の方向」「仏と会う条件」「菩提こころの概説」「因果の理論と事実」

1996 (平成8年)

※1996年仏法講演7回開催:「仏教と生活」「禅話」「仏学入門」「仏説八大人覚経」「浄土人物史」「仏学入門」「弥勒上生経」。

1997 (平成9年) 4月

潅仏会及びチャリティーバザー。八関斎戒会開催。

  5月

日華宗教者学術会議をホテルオークラにて開催。

  9月

星雲大師「帰依式」及び「受戒式」を笹川記念館にて主宰。
※1997年仏法講演9回開催:「十善業道経」「人間生活禅」「楞厳経要義」「自由自在の人生」「弥勒上、下生経」「仏説四十二章経」「禅海蠡測」「維摩詰経」。

1998 (平成10年) 5月

坐禅会開催。

  7月

星雲大師が東京佛光山寺内で仏式結婚式主宰。

  9月

佛光山梵唄詠讃団は日本讃祷詠歌唱団と東京サントリーホールにて「華麗なる宗教音楽の世界」共演。

  10月

中華学校でのバザー参加。
※1998年仏法講演5回開催:「四諦法門」「楞厳大義-25円通法」「如何に観音法門を修持するか」「金剛経」「那先比丘経」

1999 (平成11年) 1月

東京協会第4回会長に林寧峯氏就任。

  6月

星雲大師「帰依式」「受戒式」「功徳会」主宰。

  9月

台湾大震災害義援金街頭募金活動。
※1999年仏法講演6回開催:「仏学と医学の融和」「少年非行問題」「自然と生命」「般若心経」「生活と仏学」「仏学に学ぶ順序」

2000 (平成12年)

※2000年仏法講演10回開催:「歓喜自在な人生」「生活管理学」「観音修持法門」「仏の教え」「声明における縁生・縁滅」「いのち」「極楽」「いのちとの出会い」「共生」「洗心」

2001 (平成13年) 3月

三宅島救済基金募金活動、チャリティーコンサート。

  9月

熊野神社お祭り参加。
※2001年仏法講演4回開催:「洗心」「自由自在の人生を過ごす」「仏教を学ぶ上での心の道とは」「心霊の DNA 」

2002 (平成14年) 3月

星雲大師、本栖寺にて「仏舎利が台湾へ来た因縁」について講演。

  4月

国際佛光会第9回世界総会、東京国際フォーラムで開催。総会長星雲大師来日。 大会記念特別シンポジウム「釈尊の教えから癒しえの提言」サンシャイン劇場にて開催。

  6月

本栖寺にて2日禅開催。

  7月

本栖寺にて八関斎戒。

  8月

日本立正佼成会と日本霊友会を訪問。

  10月

星雲大師「金剛会議」「国際佛光婦女会議」「世界華文作家会議」主宰。
※2002年仏法講演4回開催:「八関斎戒の意義」「佛光山を認識する」「人間仏教」

2003 (平成15年) 1月

「人間仏教読書会」開催。
東京協会第5回会長に曾文宏氏就任。

  3月

春季彼岸梁皇宝会開催。

  4月

星雲大師と信者の親睦会開催、本栖寺にて「富に至る道」講演。

  9月

星雲大師著、日本語版『伝灯』出版。星雲大師「三帰依・五戒式」主宰。

2004 (平成16年) 6月

八関斎戒。万部心経修持会。

  7月

慧訓法師、慧禾法師「八十八仏洪名宝懺法会」主宰。

  11月

覚用法師「成仏の道」講座。

2005 (平成17年) 1月

東京協会第6回会長に曾文宏氏就任。

  7月

台湾での「人間音縁」に日本から井坂流津軽三味線団参加。
※2005年仏法講演5回開催:「華厳経」等。

2006 (平成18年) 1月

東京協会第6回会長に曾文宏氏就任。

  3月

星雲大師、重建安基典礼(地鎮祭)主宰。

  7月

中野養護学校訪問。

  10月

心定和尚の人生講座「修行禅定の次第」をサンシャイン・ワールドインポートマートにて開催。

  12月

杉並区ふれあい老人センター訪問。熊野町町内清掃。

2007 (平成19年) 6月

新道場落成式。星雲大師による帰依式。
満潤法師、慈怡法師、慈恵法師の3日間仏学講座。精進料理試食会。

  7月

慈怡法師、慧得法師の仏学講座。
新潟中越沖地震救援募金開始。
有明ビッグサイトでの東京国際ブックフェアに参加。
※2007年仏法講演2回開催:「地蔵経」「菩提心の勧め」

2008 (平成20年) 1月

星雲大師来日、佛光会会員との親睦会。
慈容法師「佛光人としての礼儀の要点」、慧寛法師「仏教問題について」、慧僧法師「仏教と管理」講演。
星雲大師著『菜根譚』日本語版『子どもと語る菜根譚』出版、全国書店にて発売開始。

  5月

四川大地震救済募金開始。金剛宝懺法会。四川地震死傷災民祈福法会。

  6月

平成11年認証の「宗教法人臨済宗東京佛光山寺」の名称を6月19日「宗教法人臨済宗日本佛光山」に変更。
※2008年7月までの仏学講座3回開催:「蘇東坡と仏教」「仏教養生学」「四攝法」

東京佛光山寺について
案内図
佛光山総本山について
私たちの教え
世界拠点一覧
施設案内
行事日程
星雲文芸グループ
お問い合わせ

サイトのご利用について 個人情報保護方針 セキュリティーについて 著作権について 免責事項について リンクについて
Copyright 2008 Tokyo Bukkozanji AllRightsReserved.