HOME 新着情報 東京佛光山寺 人間仏教・佛光山 星雲大師の部屋 東京佛光山広場 お問い合わせ サイトマップ

書籍詳細

傳燈

第一部  宿世佛縁

 

第一章 大きな赤ん坊の泣き声、それは仏の喜び

    故郷の江都

    李はこの一個だけ赤い

    母方の祖母の恩

    子供の頃から仏性が

    母親が知恵を授けた

    半世紀もの肉親との別れ

    愛児を衆生に捧げる

 

第二章 約束は千金に当たる 

    あてどなき旅が運命を変えた

    蘇北はなぜ僧侶が多いのか

    名跡の大叢林

    赤貧洗うがごとき寺での生活

    この世の有と無を身体で知る 

    完璧を求める師匠のもとで

    颯爽たる青年僧

    図書館の縁

 

第三章 乱世が青年僧を鍛えた

    中国仏教の盛衰

    太虚大師が人心を奮いたたせた  

    文字による仏教改革 

    法脈を守るために

 

 

第二部 渡海傳燈

 

第四章 大陸の僧が台湾に渡る

    たった独りで見知らぬ土地に

    円光寺に留まる

    布教は困難を極める 

    不穏な社会

    次第に頭角を現わす

 

第五章 宜蘭での揺籃時代

    縁に引かれて山城に行く

    本堂の一隅に身を寄せる

    北玄関の師匠

    人間仏教の実験室

    菩薩の種を四方に蒔く

    早いうちに根を下ろせ

    心は永遠に宜蘭に残る

    雷音寺は事業の源

 

第六章 仏教界のアイディアマン

    文字で禅の喜びを伝える

    最新技術を巧みに利用する

    美しい音楽は天上から

    僕らの仏教が村に来た

    海を渡って新しい試みを

    功労者として認められる

    社会の需要をよく見る

    大智円融

    縁に従い、機をみて説く

 

 

第三部  紹佛隆種

 

第七章 南へ進んむ

        大叢林が生まれる

        私は一人でも行く

        茨を切りひらく

        蟻が泰山を運ぶように

        無から有を生ず

        荘厳な仏光山

        五十もある台湾仏教界での創案

 

第八章  仏光の世紀

        山門を開き、社会に入る

        仏光人の信条

        文化を以って仏法を発揚する

        教育による人材養成

        慈善で社会を潤す

        共同修行で人心を浄める

        念珠が時代の脈動をつなぐ

 

第九章 仏門の龍象

    人材こそ中興の元

    大学生を仏道に導く

    誠意と動かぬ意志で学校経営

    一株の若芽から

    孔門七十二聖賢に匹敵する

    三千の威儀、八万の細行

    人材養成こそ永遠の課題

    他人は宝を知り、私は人材を知る

    天才教育家

    友人、師匠、父親

    仏教の最強軍団へ

 

第十章 伝統叢林を現代的に

    結 晶

    核があればこそ

    あらん限りの才能を

    権力と金を切り離す

    自給自足

    一滴一滴が海になる

    過ごし難い毎日を過ごす

    受けるも与えるも

    規則がなければ形にならない

    縁に従いつつ、謹厳を失わず

 

第十一章 仏法は世の中にある

     仏陀もかつては凡人だった

     五戒は国を治め、天下を安定させる

     一般生活の尊さを肯定する

     仏教は幸福の宗教

     人間仏教のお金の考え方

     人間仏教の運命観

     人間仏教の政治観

     人間仏教の倫理観 

     時代の人々を呼び起こす

     人はすなわち仏である

 

第十二章 広く善の縁を結び、天下に満たす

     たなびく雲のように

     あだ名は「政治和尚」

     政界の友人たち

     企業界の支援

     文教界の人々

     才能を愛し、惜しみ、支援する

     友は永遠の財産

     慈悲と智恵

     信者は仏教のもの

     繁華街に道場を

     まず縁を結ぶ

 

第四部 弘法度衆

第十三章 世代の交替

     歴史的な日

     行政責任者の交替にすぎない

     人治より法治

     住職の任期制度

     職位を明け渡す精神

     真の意味の放下

     退歩は前進

 

第十四章 多忙ながらも

         仏は心に、道は足元に

     刑務所や軍隊でも大歓迎を受ける

     永遠に仕事は終わらない

     一年に地球を二周半

     忙しい、これこそ修行である

     時間管理にはコツがある

     東洋の真珠

     不増不減

 

第十五章 台湾の情け、中国の心

     咳止め飴の縁

     星雲旋風

     東風

     再び故郷の土を踏んで

     ある歴史の旅

     許家屯事件

     仏門は受難者を助ける

     両岸仏教の実質的な交流

     未来を見つめて

 


星雲大師プロフィール
書籍紹介

サイトのご利用について 個人情報保護方針 セキュリティーについて 著作権について 免責事項について リンクについて
Copyright 2008 Tokyo Bukkozanji AllRightsReserved.