HOME 新着情報 東京佛光山寺 人間仏教・佛光山 星雲大師の部屋 東京佛光山広場 お問い合わせ サイトマップ


星雲大師法話

● 12月15日(金) 世の中には、次の二種類の人が存在することが多い、一つは命令を下す人、一つは命令を受け入れられない人である、命令も下せなければ、命令を受け入れることもできない人は、どこにいようと立脚することはない。

● 12月14日(木) 因果の観念を有し、不正を働いたり不平を言ったりしない、忍耐力を有し、仕事を引き受け責任を負う、職人気質を有し、自ら進んで行い協調する、感恩の美徳を有し、良いことを話し喜んで奉仕する、このようなイメージの樹立は、時間によって育まれ、時間によって成就する。

● 12月13日(水) 問い続け、答えを探し続けることで、進歩し続けることができる。

● 12月12日(火) 我々が安心立命を欲するのなら、「無相の相」を洞察し、「無声の声」を傾聴し、「無言の語」で訴えること、そうすることで、無証の証が得られる。

● 12月11日(月) 老子は、「五色は人の目をして盲なら令む。五音は人の耳をして聾なら令む」、と言っている、色鮮やかな俗世の喧囂は、我々を盲聾のようにし、自分の方向を見失わせる。

● 12月10日(日) 無とは無いことではなく、「真空妙有」(真実の空を悟ると妙なる有が見えてくる)である、真に役に立つ人は、空無からすべてを達成させられる、これは空の瓶だから水が入り、虚空だから万物が収容できる、ということなのである。

● 12月9日(土) 我々は忍耐を力とし、常に辛苦、困難、誹謗、飢餓に、耐えられるように自己を鍛える、最も重要なことは、忍耐によって怒りを抑えることである、何事にも忍耐できれば、全体のために譲歩でき、必ず成功する。

● 12月8日(金) 好ましいこと、善いこと、美しいことを、心に深く思うことを学ぶのである、例えば満足、慈悲、智慧、慚愧、感恩などは、すべて人生の富なのである。

● 12月7日(木) 分別を除くことができれば、自然に愛憎や好悪はなくなり、どのような逆境も成功への増上縁となる。

書籍・刊行物 Pickup 書籍一覧

※画像をクリックすると詳細が見られます。
◆刊行物/書籍/DVD等を一部無償配布しております。数に限りがございますので、お1人様につき、1タイトルは1冊(1枚)のみとさせていただきます。

活動状況Pickup 活動状況

※画像をクリックすると動画が見られます。

本ホームページは、なるべくIE6.0以降NetScape7.0以降でご覧になることを推奨いたします。

また、必要に応じて以下のプラグインをインストールして下さい。

唯识论

2017年佛光山東京書院

【招生簡章】 【報名表及び時間割表】


佛光山広場について(予告)

Photo:東京佛光山寺

東京佛光寺(Tokyo Bukkozanji)は、華僑と日本の皆様の交流の場として、また国際仏教の新拠点としてお役に立てることを願っております。


   現在時間 :

サイトのご利用について 個人情報保護方針 セキュリティーについて 著作権について 免責事項について リンクについて
Copyright 2008 Tokyo Bukkozanji AllRightsReserved.