HOME 新着情報 東京佛光山寺 人間仏教・佛光山 星雲大師の部屋 東京佛光山広場 お問い合わせ サイトマップ

文化:編蔵処

◆大蔵経の編纂について

1967年、星雲大師によって台湾佛光山寺は開かれましたが、それ以来、星雲大師は仏教の弘法及び教育、文化、慈善などに全力を尽くされています。

大師は聖教をあらためて興すために、日本に留学した慈荘、慈恵、慈容、慈嘉、慈怡、依空など法師の方々、また藍吉富氏などを集め、佛光山叢林学院女衆学部宝蔵堂において、星雲大師自らを中心に、新しく大蔵経を編纂する会議を開きました。そして、1977年に「佛光大蔵経編修委員会」が設立され、歴代の経典が16種類に分けられました。「編蔵処」では『佛光大蔵經』の編纂と同時に『佛光大辭典』、『世界佛教史年表』の編集も行われました。

佛光大辭典

『佛光大蔵經』の特色

  • 新式の句読点と段落
  • 詳細の注解
  • 厳正な校正
  • 経典の再編集
  • 見開きの注解
  • 解題、索引の完備
  • 16種類のうち完成された経典は4種類
    • 1) 阿含蔵(1984年12月出版、合計1含蔵(1984年12月出版、合計17冊、約400万字)
    • 2) 禅蔵(1994年12月出版、合計51冊、約1300万字)
    • 3) 般若蔵(1997年5月出版、合計42冊、約1200万字)
    • 4) 浄土蔵(1999年5月出版、合計33冊、約900万字)

『佛光大辭典』の特色

星雲大師は、台湾における仏教学研究において、現代の仏学研究者にとって具体的で分かりやすいものとして、実用な『佛光大辭典』を1978年に編纂に着手、10年の年月をかけて1988年10月に完成させました。

  • 幅広い資料収集
  • 豊富な言葉(22,608個の条目、約700万字)
  • 参考文献の掲載
  • 豊富な内容、適切な挿絵と文章
  • 索引の完備
  • 仏教百科全書

『世界佛教史年表』の特色

1987年6月に完成した『世界佛教史年表』は、仏教学を研究する者にとって、各種の原始経典、専門論文、辞典とともに欠かすことのできない資料です。

  • 広範囲にわたる時代、地域を収録
  • 豊富な参考資料
  • 豊富な事例の参照、系統の明確化
  • 簡単明瞭な文体、学習向上の補助
  • 綿密な編纂、厳しい考証
  • 詳しい索引
人間仏教の堤唱
文化
編蔵処
佛光テレビ局
佛光文化出版社
「人間福報」新聞社
佛光文化出版社
国際学術会議
国際交流会議
仏教音楽について
教育
叢林学院
西来大学
南華大学
慈善
雲水病院
修行
禅堂
念仏堂
写経堂

サイトのご利用について 個人情報保護方針 セキュリティーについて 著作権について 免責事項について リンクについて
Copyright 2008 Tokyo Bukkozanji AllRightsReserved.