HOME 新着情報 東京佛光山寺 人間仏教・佛光山 星雲大師の部屋 東京佛光山広場 お問い合わせ サイトマップ

佛光緑美術館

仏教は「真」理を追究し、仏教はまた「善」心を懐かしめと人に教え、仏教はまた「美」化した世間を主張しています。「真・善・美」の融合がまさに仏教の真理なのです。

最高峰に達した芸術は、仏教善美の真理とともに初めて完成されるという考えのもと、佛光山総本山の「文物陳列館」をはじめ、全世界30か所に「佛光縁美術館」が設立されました。

今日の仏教は伝統と現代の融合、僧衆と信者の共有、修行と悟りの関係等の原則を重んじるだけでなく、「仏教と芸術の結合の必要性」があることを声を大にして唱えています。

佛光山は創建以来、数百件の明・清王朝から伝わる貴重な美術品を収集しただけでなく、さらに史国良の百枚「辺疆風光」、高爾泰の百枚「禅書」、李自健の百枚「世界需要愛心」、賀大田の百枚「老屋系列」、施金輝の百枚「観音聖像」等、多くの名画家の作品を取り集めています。これは、星雲大師の一貫した信念である、仏法をもって「真」理を広め、慈悲をもって「善」心を呼び起こし、芸術をもって世間を「美」化することの励ましとなっています。

台北佛光緑美術館
台北佛光緑美術館
人間仏教の堤唱
文化
編蔵処
佛光テレビ局
佛光文化出版社
「人間福報」新聞社
佛光文化出版社
国際学術会議
国際交流会議
仏教音楽について
教育
叢林学院
西来大学
南華大学
慈善
雲水病院
修行
禅堂
念仏堂
写経堂

サイトのご利用について 個人情報保護方針 セキュリティーについて 著作権について 免責事項について リンクについて
Copyright 2008 Tokyo Bukkozanji AllRightsReserved.